合宿免許の欠点

まず、合宿免許を利用する時に、他の利用客がどんな人か分からない面がある事が欠点になる事も考えられます。例えば、自分の苦手なタイプの人や怖いと感じるタイプの人と一緒になる可能性もあります。また、教官の指定されているケースがあります。教官が指定されていた場合に自分にとって良い教官であれば問題はないですが、そうではない可能性もある事も欠点です。よって、好ましくない人と一緒にやって行く事がどうしても無理だと言う特徴がある方は、合宿免許を利用するのが向いていない場合も考えられます。

また、合宿免許は事前にカリキュラムの日程が決められており、そちらに利用者は従って行く形になります。合宿免許を利用する方は自分でカリキュラムの日程を決めなくても良い半面、自分だけのペースで勧めて行く事は難しい事が考えられるのも特徴です。よって、免許を取得する時にとことん自分のペースで進行して行く事を希望している場合は、合宿免許を利用する事が向いていない事が考えられます。

この他にも、合宿免許は定員がある事も欠点です。合宿免許を利用したいと思っても、希望の所が満員状態で無理だった方も出て来る可能性もあります。よって、2番目・3番目・それ以降希望の合宿免許を利用する方もいるかも知れない事も特徴になります。